IMG_7764


おはようございます。


霊屋研究室から見る景色はいつも気持ちいい。

昨日は雪が降っていましたが、今日は快晴。

今日はお友達が遊びにきます。お昼からお酒が飲めるように
朝からツタヤに返すDVDの大捜索。


「お昼からビールを飲むというのは、お家に居ながら南国リゾートのプールサイド気分が味わえる、
と言っても過言ではございません。」
木村研究員が、顔を赤らめながらそう言うと、高橋研究員は静かに目を閉じ、心の中で返事をした。

(頭の中に、暖かな風が吹いているようだな。木村研究員、東北の真冬だというのに、
まるでここはプールサイドだよ。ベランダは心の空港で、ビールという飛行機が南国へ
運んでくれるのさ。ヘイメーン、ビールイズビューチフルやで)

そこまで考え高橋研究員が目を開くと、誰もおず、1匹の狸が立っていた。

すぐに走り去って行った狸の背中に、「おったまげたもんだ、どっこい私はビールを飲んどる」と呟いた。

そう、高橋研究員が見ていたのは幻想ではなく、確かに心の旅なのであった。